09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2012/05/04 ジャンプスタートコネクタ取り付け

2012/05/04
コネクタ
ヒューズBOX内に取り付け。
我がR1150RSにはジャンプスタートコネクタ(バッテリーが上がったときに接続する+端子)がまだ
装着されてない年式でした。
これが無いと、バッテリーが上がってしまうとカウルとセルモーターカバーを外す必要があり、
出先でそんな面倒なこともできないのでコネクタを取り付けることにしました。

http://www.virginbmw.com/enjoy/troubleshooting/04.htm

上記のページを信じて部品を取り寄せましたが・・

コネクタ
実際に作業してみると・・・
コネクタ
タンク形状がRTとは違い、装着は不可能です。
また、ハーフカウルの1100RSのようにセルモーターカバーも露出していないので
カバーに穴を開けて・・・というのも無理があります。
よって別の場所まで引き回すことにします。
コネクタ
とは言っても常時電源です、安易な場所ではショートする危険があります。
イロイロ検討した結果、ヒューズBOX内が良さそうです。
コネクタ
ショート防止の為、木材でベースを制作し、8sqのアーシングコードでライン出ししてから
コネクタ
セルモーターより引き回します。
コネクタ
BOX内に設置して、TOPの写真のように絶縁キャップを取り付けた状態でも
コネクタ
BOXの蓋を閉めることができます。

とりあえず、これで精神的に安心です。(^^♪





関連記事
スポンサーサイト
17:33 メンテ 改造 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。