05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2014/01/25 アラジン ブルーフレーム

2014/01/25
IMG_20140120_203520.jpg

嫁さんが前から欲しがってた『アラジン ブルーフレーム』という
レトロな石油ストーブを手に入れました。

IMG_20140120_192500.jpg

何故か2台。奥のグリーンが新品で、手前はジャンクで手に入れたもの。
当然リビングは新品で、ジャンクはガレージ用に再生するつもり。

このストーブは基本構造が1930年から変わらず、そのレトロな外観で今でも
新品が手に入る人気のストーブです。

 → http://www.aladdin-aic.com/products/bf/index.html

最初はオークションで程度の良い中古品を入手しようとチェックしましたら
人気故か、とんでもない値がついています。
5年落ちで25000円とか、30年落ちで15000円とか・・・
暫くチャレンジしましたが、新品が30000円程度で手に入るので素直に
密林にて、嫁の希望のグリーンを購入しました。

このストーブについて調べてみると、燃料タンクが4.1L、燃費を考えると
1-2日に1回は給油が必要のようです。タンク一体式ですので給油の手間が
少ない手動ポンプ式の灯油入れも同時に手に入れました。

DSC_0156_20140125134012a4d.jpg

タカギのポリカンポンプ。これいいですよ。(^◇^)

DSC_0181.jpg

置き皿を外して代わりに木製の脚を入手しました。

DSC_0194.jpg

やかんがよく似合います。(^◇^)

もう1台手に入れたジャンク品は、形式がBF38004
調べてみると、今から約35年前の昭和52年式の個体のようです。
細部を確認してみます。

DSC_0147_20140125135457d76.jpg

のぞき窓のマイカ(雲母)は割れています。

DSC_0148_20140125135456072.jpg

あちらこちらにサビが出ています。

DSC_0149_20140125135455115.jpg

上蓋も然り。

DSC_0151.jpg

芯はカラ焼きしたらしく、炭化してガタガタです。

あと、チムニーのヒンジピンの抜け止めワッシャーも欠落しています。
でも何よりジャンクの決定的な要因は、耐震装置の感震ユニットと
クラッチが欠損していることです。
これにより、一般の入札者が敬遠して今回安価にて入手できました。
ま、うちはガレージ専用と考えてましたので無問題なんですけどね。(^◇^)


早速、再生に取り掛かります。

DSC_0157_20140125140929c37.jpg

幸い、サビ以外は思ったよりも状態がよく磨けばなんとかなるレベルです。

まずは芯から何とかしましょう。

DSC_0153.jpg

一番低い芯に合わせてカッターでカットします。

DSC_0154_20140125135452874.jpg

ギリギリにカットしました。あとは芯クリーナーで斜めにカットして揃えれば
OK!のはずでしたが・・・・。

DSC_0155_20140125141503049.jpg

目いっぱい上げた状態。少し短いようです。(^-^;

仕方ないので芯を追加購入することにします。

DSC_0159_201401251415034c2.jpg

昔ながらの綿芯ですので、カラ焼き厳禁です。
現行機の芯が使える互換性がうれしいですね。(^◇^)

DSC_0160_20140125141501052.jpg

新品の芯との比較。

DSC_0161_20140125141500725.jpg

古い芯はおよそ34m/mでした。

DSC_0162_201401251415009fa.jpg

新しい芯はおよそ50m/m。 使用可能部分は約10m/mらしいので
やっぱり限度を超えていましたね。

DSC_0163_20140125141459b0b.jpg

芯の交換は難しくありません。特にこの個体はクラッチが欠損してるので
何も考えず、ただ交換するだけ。

DSC_0164_20140125142222212.jpg

交換完了。この位置が芯を一番下げた状態です。

DSC_0167.jpg

本来ならば、クラッチが作用して一番あげた状態でこの位置になりますが
こいつはもっと上がります。


この38型の緊急消火装置はすごく人間的というか、ピタゴラ的で気に入ってます。

DSC_0169_2014012514222080e.jpg

チムニーに寄り添うようにかなりの存在感を出しているのがその装置。
この位置についているのはセットしないと物理的に
チムニーの開閉が出来ないようにするため。

DSC_0171_201401251422194a7.jpg

除くと蓋のようなものが見えます。

DSC_0178.jpg

本来、このレバーお先には感振装置がついていて、地震を感知するとおもりが倒れて
このレバーを引き・・・

DSC_0179_20140125142218a81.jpg

大きな音と共に蓋がバタン!と降りてきて強制消火します。
まるで、アルコールストーブに蓋をするみたいに。

別に注文していたマイカも来たので交換します。

DSC_0182_20140125143254bea.jpg

初めて見ますが、薄いプラスチックのようなガラスのようなものです。

DSC_0168.jpg

置台はボロボロだったので取り外してゴム脚に変更しました。

DSC_0193.jpg

カッティングシートでロゴを自作して貼り付け。

DSC_0191.jpg

磨き倒して完成。(^◇^)


早速、火入れしてみます。このレトロなストーブにはやっぱり燐寸が
似合うと思い、ホームセンターなどで探してみましたが、大きな徳用サイズが
ありません。小さいサイズはあるんですけどね。
あきらめかけた時、近所の小さな金物屋を思い出していってみると・・

DSC_0183.jpg

フツーに売ってました。こういう小さい商店は生き残ってほしいですよね。
と、いいながら、普段はホームセンターで買い物してしまうんですが。(^-^;

DSC_0186.jpg

そして緊張の火入れ。少し不安定ですが
何事もなかったのようにブルーフレームが出ています。

これって古い銀塩カメラやcubに通じるものが有りますね。(^◇^)

DSC_0189_20140125143743f04.jpg

そして不要になったガスファンヒーターとデロンギのオイルヒーターは
嫁さんの知り合いにドナドナされていくことになりました。(´・ω・`)


DSC_0188_20140125143742842.jpg

ローラー回しながらブルーフレームを見るのが楽しみになってきました。(^◇^)
関連記事
スポンサーサイト
14:49 雑念 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。