05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2011/07/09-10 能登半島周回~白川郷キャンプツーリング

2011/07/09
能登半島キャンツー

ソロキャンプツーリングに行ってきました。(^^♪
とりあえず、能登半島を時計回りに周ることと、キャンプ場だけ決めて
あとはなりゆきということで0600、自宅を出発しました。
心配だった天気ですが、日頃の行いが良いのか、近畿地方は前日に梅雨明け!

途中、トイレと給油休憩のみで淡々と走って0930には北陸道の金沢東ICを出て、
能登道路に向かいます。能登道路はETCが使えず現金徴収。50円ぐらいならいらんやろ!面倒くさい!
もうこのあたりですでに暑い!30℃超えてます。
なぎさドライブウエイに行くには今浜ICで下ります。ここでも現金徴収。150円やったかな?
そして、お目当てのなぎさドライブウエイ!砂浜を走ることができます。
でも、写真を撮るために駐車する場合はサイドスタンドサポートは必須です!

能登半島キャンツー
♪ あしーもとにー からみーつくー ♪  サイドスタンドにはサポート必須です!
道は踏み固められているのですが、チェーン式のバイクでは噛みこみそうでコワイですね。
海の家がたくさん並んでいましたが、まだ時間も寄らずにスルー。何キロかルパンになって
メインルートのR249に脱出します。
時々外れて海岸線を走りますが、天気も良く道もよくサイコーです!(^◇^)
能登半島キャンツー
巌門。
能登半島キャンツー
世界一長いベンチ。460mやったかな?
昼前には輪島に到着。海鮮丼の有名なお店を探してウロウロ。
能登半島キャンツー
輪島にある『漁師の店 こだわり』の海鮮丼。すごいボリュームでめちゃうまし。(^^♪
the海鮮ドーン!ってかんじでうまかった。
輪島らしく、『お使いになられたお箸はお持ち帰りください』とのことでした。
ここで痛恨のミス!『永井豪記念館』に立ち寄るのを失念していました・・・・。
途中で気づいたのですが、引き返す気力が無かったのでスルーしました。
それからまた海岸線をひた走ります。
能登半島キャンツー
千枚田。実際にはもっとキレイだったし、1004枚の田んぼがあるそうです。
能登半島キャンツー
窓岩。穴が開いてます。
能登半島キャンツー
爽快な海岸線を疾走ります。

そして、道の駅『狼煙』から、最北端の禄剛﨑灯台まで登ります。結構急坂でハードでした。(^_^.)
能登半島キャンツー
能登半島最北端の禄剛﨑灯台。
あとは、今夜のキャンプ地『見附島シーサイドキャンプ場』に向かいます。

能登半島キャンツー
キャンプ地は『見附島シーサイドキャンプ場』。 オフシーズンとあって、水道と場内の電気がないとのことで通常1300円が300円に。
オフシーズン(7/15からシーズンイン)ということで、水道と場内の電灯が消えているとのことですが
その代わり1300円→300円という格安で泊まれました。
さすがに他には2組のキャンパーがいただけでした。
能登半島キャンツー
目の前に見附島(軍艦島)が見えるロケーション。
しかし、ここには大量のカラスが生息しており、カアカア五月蝿い!どうやら目の前の軍艦島から
やってくるようで日のあるうちは昼間は騒音に悩まされました。
カラスにいたずらされないように養生してから買出し。飲み水やらなんやらを買い込みます。
能登半島キャンツー
晩御飯は定番のカレー。
お楽しみのディナータイム!やっぱりシチュエーションでしょうか、うまかった!

少しマッタリしてから、隣接する国民宿舎『のとじ荘』で温泉を頂きます。500円ナリ。
気持ちよく帰ってきたら、あたりはすっかり闇。
ここは焚き火不可なので、やることもなく朝も早かったので早々に就寝。
蒸し暑さで2時間おきに目が覚めましたが、おおむねグッスリ眠れました。
朝も夜明け前にカラスの鳴き声で起こされたので、軍艦島まで行って見ます。
能登半島キャンツー
夜明け。今日もイイ天気。暑くなりそうです!

朝食はランチパックをあぶる。
朝飯食って、歯みがきしてからゆっくり撤収。キチンと後片付けして0700には出発。
また海岸線を走ります。ああ、気持ちイイ!サイコー!
能登半島キャンツー
ボラ待ちやぐら。ひたすら待つだけの、ノンビリした漁だそうです。
せっかくなので能登島に渡ることにします。
能登半島キャンツー
能登島に渡る橋の一つ、ツインブリッジのと。センサーがあって渡るとカウントされます。
能登半島キャンツー
道の駅能登島に併設されている『ガラス美術館』
奥様に土産を買って能登島から脱出します。
そして、白川郷へ向かいます!

能登半島キャンツー
能登半島キャンツー
能登半島キャンツー
世界遺産の白川郷は、観光客でイッパイ!暑さに負けずに見て周りましたが
すばらしいですね。しかし、もう少し涼しい季節をオススメします。(^_^.)

そのまま東海北陸道白鳥まで長良川沿いの爽快な道を走り、そこから帰途に着きました。

初日走行距離 約500km 2日目 約550km でした。

BMWは魔法の絨毯といわれますが、まさにそんな感覚でした。少々の風があっても安定してますし
フルカウルは伊達でなく、逆に暑いくらいでした。びっくりしたのは、お尻が痛くならなかったこと。
大容量のパニアといい、強力なブレーキといい、まさしくツーリングマシンですね。ちょと手前味噌すぎるか・・。(^_^.)

長々お付き合いいただきまして、ありがとうございました。m(__)m。
関連記事
スポンサーサイト
11:34 キャンプツーリング | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。