05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2011/08/01 寝床考

2011/08/01
寝床
ボイジャーコット
今使用しているテントは参天タイプ(床の無いタイプ)ですので、寝床にはコット(折りたたみ式ベットのようなもの)
を使用しています。
定番のボイジャーコットが欲しかったのですが在庫が無かったので
とりあえずアリモノのロゴスでしのぎましたが、先日やっとこさ、いつもお世話になっている
『快速旅団』さんに入荷とのこと。すかさずポチっとな。
折角なのでロゴスとの比較を。
寝床
収納時比較。
若干ボイジャーのほうが大きい。が、ロゴスは収納袋がダメダメで使い物になりません。
ワタシはスノーピークのチェア用の袋を使用していました。
寝床
展開時比較
展開時のサイズはほぼ同等ですが、ロゴスは頭側が若干反り上がっています。
寝床
構造比較
一番の違いはその構造。フレームがロゴスのスチールに対してボイジャーはアルミ。
まさしくロードバイクのクロモリフレームとアルミフレームの違いのようで
ロゴスは妙にフワフワした寝心地で、ボイジャーはカッチリしています。
寝心地は好みでしょうが、頑丈さや安定感はボイジャーが数段上のようです。
実際、先日は寝返りうったときにひっくり返りましたから・・・。(^_^.)

さらに、組み立て方法ですが、ボイジャーはシートとフレームが一体式ですので
イチイチ脱着しなくてよいので数段早いです。>コレが一番大きい。

結論として、次回からはボイジャーコットをもって行くことになると思います。

でも、ハイシーズンいろいろ煩わしいので、秋口からの実戦投入となると思います。
関連記事
スポンサーサイト
12:41 用品 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。