09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2012/09/21 cub キャブO/H

2012/09/21
P9183215.jpg

ガレージがガス臭いなと思ったら・・・・
キャブのオーバーフローでした。
原因として、

①ドレーンスクリューの不良
②フロートバルブの不良
③フロートバルブシート面の不良
④フロートの不良
⑤フロートとシート面のゴミ噛み

などが考えられます。

②~④はオーバーホールが必要ですが、先日来メンテやなにやらで
車体を傾けたりしてたので、タンク内のゴミを噛み込んだ可能性を疑って
何度かドレーンしたりしましたが、状況は改善されません。

諦めてパッキンやらフロートなんかを調達します。

パーツがそろうまでに時間があるので、先にバラしておくことにします。

P9193217.jpg

上のホースがリザーブ、下がメインです。

カブのキャブは独特で、コックと一体です。
なので、上の写真のようにどちらか一方を遮断してももう一方からガスが噴出します。
結局タンクを空にしたほうが早いのでペットボトルに一時貯めておくことにします。

P9193218.jpg

ホースを抜いたらエアーを通してルートのゴミを飛ばしておきます。

P9193219.jpg

キャブを外した後、インマニのガスケットはスクレーパーでこそいでから

P9193220.jpg

オイルストーンでならしておきます。

P9193221.jpg

ゴミが入らぬようにテープで養生しておきます。

P9193222.jpg

キャブを割ってみると、さすがにキレイでした。

P9193223.jpg

フロートは当たり前のように変色してます。

P9193224.jpg

油面も規定内。

P9193225.jpg

と言うか、構造上調整不可なので、大きく外れていたらフロート交換となります。

P9193226.jpg

とりあえずパッキン外して灯油風呂に入っていただく。

P9193234.jpg

交換する部品。

P9193227.jpg

ガスケットは形取り用に保管します。

P9193233.jpg

風呂上り。

P9193235.jpg

スローは#40

P9193237.jpg

メインは#78

P9193239.jpg

クリップ位置は3段目

P9193240.jpg

若干痛んでますね。やはりこれが原因か?

P9193243.jpg

シート面は三角めん棒にピカールを付けて軽く磨く。

P9213252.jpg

泡タイプのクリーナーでシュワシュワ。

P9213251.jpg

ジェット類は特に念入りに。

P9203246.jpg

パーツが来たので組立。

P9213253.jpg

新品のフロート。たのむで。

P9213254.jpg

規定内。

P9213255.jpg

サクっと組立。シンプルな構造です。

P9203247.jpg

ここのパッキンも忘れず交換。

タンクの燃料計を外して内部を見ると、サビは無いけど細かいゴミが結構あります。
特にリザーブ時に吸い込みますのでリザーブ側のホースに
念のためフィルターをかますことにします。

P9213250.jpg

キジマのミクロフィルター。

P9213256.jpg

取り付け調整して試運転OK。

オーバーフローは今のところとまっていますが、暫く様子見です。(^_^.)
関連記事
スポンサーサイト
20:52 cub | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。